オフィス家具の入手方法について!買うのと借りるのではどちらが良いのかなどを徹底解説

レンタルは初期費用を抑えられて、使用に伴う不具合が起きた時に無料で修理を依頼できるというメリットがあります。
購入は導入に掛かるコストが高くても所有権を持てるので、長期の利用におけるトータルの出費がレンタルよりも安くなりやすいのが強みです。
オフィス家具は導入コストはもちろん、耐用年数にもバラつきがあります。
入手方法を全て統一すると買い替えによる無駄な出費が増えることもあるので、家具ごとに使い分けることが大切です。

オフィス家具の入手方法について!買うのと借りるのではどちらが良いのかなどを徹底解説

オフィス家具の入手方法は、大きく分けて購入とレンタルの2つです。
初期費用を抑えられるという点がレンタルの大きな強みがあります。
ただし、利用し続ける限り費用の支払いが続くため、契約期間によっては購入よりも費用が高くなるので注意が必要です。
オフィス家具の購入は維持費が掛からないというメリットがある反面、故障時に自社で対応をしなくてはいけません。
レンタルは定期メンテナンスや修理が費用に含まれているので、手間や費用を省けます。
購入費用が高い大型はレンタル、小物は購入といった使い分けをすることがお得に利用するコツです。

オフィス家具とは何か?一般家具と何が違うのか比較!

オフィス家具は、文字通り、オフィス内で使用するための家具製品のことです。
応接セットやロッカーやデスクやチェアーやキャビネットなどの家具が該当します。
オフィス家具と一般家具との違いは、サイズです。
オフィスで使用するデスクやチェアーなどは比較的大きなつくりとなっており、リクライニングなどの豊富な機能が搭載されたものが多い傾向です。
キャビネットやロッカーなどもたくさんの荷物が収納できるように、ゆとりある設計となっています。
オフィス家具は長期的に使用することになるため、耐久性が高い製品が多いという特徴もあります。
一般家具では、木製の製品が主流となっていますが、オフィス家具ではスチール製の製品も珍しくありません。
スチール製の家具は、長持ちしやすい上に、汚れがつきにくくお手入れがしやすいといったメリットもあります。
このような特徴も十分に把握した上で、オフィスにマッチする最適な家具を選んでみてください。

オフィス家具は何年おきに買い替えるのがベスト?

オフィス家具は心地よく仕事をするのに必須なアイテムです。
だけど、いつが買い替え時か分かりませんよね。
標準使用期間としてテーブル、棚8~10年。
椅子は5年とされています。
壊れたら修理して、使われてきた企業様方もいらっしゃるのではないでしょうか。
だけど、長い間使用以外にも買い替え時があります。
それは壊れてしまった時です。
椅子が壊れて、仕事に集中できない。
机が壊れて見栄えが悪く、集中力が低下してしまうことだってあります。
壊れてしまったら、新しいのを購入する方が良いと思います。
さらに転移や増床したら、どうでしょう。
社員が増えると必要な家具も増えます。
そういう機会にまとめて、入れ替えることを検討するのもより良い雰囲気づくりに繋がるかもしれません。
オフィス家具は社員のモチベーションを左右すると言ってもいいでしょう。
モチベーションが上がれば、作業効率も上がります。
会社の為の自己投資に入れ替えを検討するのもいい考えだと思います。

オフィス家具が買える会社の特徴!大手家具メーカーでも買える!

オフィス家具とは、会社の中で使用する机・いす・ロッカー・書棚・カウンターテーブルなど、家具に分類される全てのアイテムの総称です。
大手家具メーカーの中には、オフィス家具を専門にしている会社とベッドやタンスなど一般的な家具とオフィスで利用できる家具を取り揃えている会社もあるなど様々です。
最近は、文房具をメインにしていた大手企業がオフィス家具を取り扱っているケースもあり、カタログから商品を選んでファックスで発注したり、ネットの中にあるウェブカタログから商品を選択して決済する、時間帯により当日の夕方には商品が届くなどスピーディーなサービスを行っている便利な会社もあります。
また、一般的な家具と同じくショールームを完備していて、オフィスと同じような空間になっている必要な家具が展示されていてオフィスレイアウトの参考になる施設もあるので、これからオフィス家具を購入したい移転に伴い新品を買い揃えたいときなどショールームへのアクセスがおすすめです。

起業した際にいちからオフィス家具を入れる時は何からすれば良いのか?

起業していよいよオフィスを作り始める時というのは、どの家具から入れれば良いのか悩むものではないでしょうか。
当然ですがオフィス家具を搬入する前に床を作る必要があるので、カーペットを敷くならこのタイミングとなります。
またレイアウトを決めておくことも重要で、搬入の順番によっては後から入らなくなるオフィス家具もありますから、大きいものほど優先して先に入れておきたいものです。
入り口から向かって奥の方に設置するオフィス家具は特に、搬入の優先順が上になります。
起業直後は人員が少なかったり、必要なオフィス家具が限定されることもあるので、スペース的に余裕があるケースも珍しくないです。
ただ将来的に人が増えて家具も追加するつもりなら、増えた後のことを考えてレイアウトを設計したり、後々搬入しやすくしておくことをおすすめします。
壁際に設置する棚や台は先、デスクやチェアは後からでも構いませんが、応接セットは早めの方が良いことが多いのではないでしょうか。